三日月クラシック | ルドルフ・ヌレエフの極めて個人的なファンブログ(だった)。非常に申し訳ないけど大体リンク切れ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ミナモト on  | 

ヌレエフの演じるロットバルト

放心してたら紹介が遅れましたが、twitterで教えてもらった動画です

http://youtu.be/yIpgxJL8qQY

1990年、ミラノ・スカラ座での白鳥の湖(ヌレエフ版)の全幕映像。
配役はジークフリートがシャルル・ジュド、オデット/オディールがイザベル・セアブラ(Isabel Seabra)、
そしてヴォルフガング/ロットバルトがルドルフ・ヌレエフです。

記録用の映像なのか、ほぼ固定カメラで舞台全体を撮影する構成になっています。
ドキュメンタリー「Rudolf Nureyev alla scara」にもヌレエフのロットバルトの映像が出てきますが、それとは別物のようです。

色々書きたいのに言葉が見つからないです ヌレエフのロットバルトというだけで失神ものなのに王子がジュドって……人生の心残りリストが順調に消化されていっててこわい
次はアポロあたり出てこないかな ヌレエフのアポロってバランシンの権利者的にどうなんだろう。


◆ドキドキしてまだ全部見れてないけど自分用メモ

黒鳥のアダージョのあとロットバルトがなにか拾うような仕草をしている。ヌレエフ版にはそういう演出はなかった気がするので(オペラ座のDVDでは確認できない)ただ飾りかなにかが舞台に落ちていたのだろうか。ヌレエフ直々に拾っちゃうんだ!気配りの人!とわけのわからない感動をしました。
あとやっぱりこのロットバルトはヌレエフの役だとしみじみ。今まで別の人が踊るのを見てて、すごくヌレエフっぽい振付だなあと思っていたので、それをヌレエフ本人が踊ってるのが不思議な感じでした。ヌレエフがこれを踊るのは当たり前のことなのに、私にとっては当たり前じゃないので。(順調になにを言っているのかわからない)

スポンサーサイト
Category : ヌレエフ情報
Posted by ミナモト on  | 2 comments 

ワルツ「千夜一夜物語」

YouTubeから。1992年のウィーンフィルニューイヤーコンサートの映像です


ヨハン・シュトラウス二世のワルツ「千夜一夜物語」と共に。色っぽいシャリアール王を演じるヌレエフ。
劇中劇?を踊っているのはウィーンのダンサーたちなのかな。

財団公式のシェエラザードの紹介ページでこの映像の存在を知って以来、
見たい見たいと思い続けていたのでとてもうれしいです。
撮影の時期的に、見たら痛々しかったりがっかりするんじゃないかとも考えていたんですが
全然そんなことなかったです。ちょっとしか踊らないけど、すごくきれい。こんなにきれいなのに

バレンチノのシークといい、この手の役をやるとやたら輝くヌレエフなんですが、
なにゆえいちばん肝心の金の奴隷の映像を残してくれなかったのだろう。Tribute to Nijinsky……

せめて写真で見知らぬ往時をしのぶ
goldenslave.jpg

最近の映像などで見る金の奴隷は、わりと男性的で禁断の関係に苦悩してそうな人が多いのですが
初演したニジンスキーの写真や逸話から私が受けるイメージは、両性具有的、あるいは動物的でもあり
小悪魔的な艶めかしさを持った、ハレムで飼われる不思議な生き物です。
ヌレエフならそういう雰囲気を出してくれてたような気がします。というドリーム。


ちなみに原作に出てくる不義を働いた奴隷の名前はサイードくんといって
結構やなやつでしたです

Category : ヌレエフ情報
Posted by ミナモト on  | 2 comments 

26分半の奇妙な夢

知らない間にYouTubeに嵐が吹き荒れていた件。



なんだこれは

明晰夢をこじらせて金縛りに遭遇した苦い記憶を思い起こさせる混沌ぶりです。
仮面つけて皆で騒いでるから、ヴェネツィアのカルナヴァル……なのかなあ。
混乱した奇怪な世界の中でカルラ・フラッチの美しさに安らぎを覚えます
サラリーマンの格好が普通にコスプレに見えるヌレエフが好きです。

実はこれ前写真で見たことあるんですよね。
最近ミーシャが老眼鏡?でメガネっ子になってるのが羨ましくて(この時点でなんだかおかしい)
ヌレエフは眼鏡かけたことないのかなあ見たいなあと思いどうやら探し当てるも
誰が伊藤整メガネを見たいと言ったよと掌を返して憤慨し、記憶の片隅に封印していたのですが
……よかったです! 本人のセンスじゃなくて! 信じてたけど!
三日月クラシックはルドルフ・ヌレエフの声とファッションと笑いじわを愛し続けます。
だ、ダンスは当たり前だから……


それにしてもイタリアは一体何を考えていたのか
リン・シーモアの回想によると、ヌレエフはジャーナリストに「どこの国があなたのホームか」と聞かれた際
「ロシアは母親」とし、イギリスとフランスとイタリアをそれぞれ、恋人・友人・愛人に例えたそうです。
シーモアはどの国が何に当たるのかまでは記憶していないみたいですが
まあなんかわかるようなわからないような
出典:Ballet 1998年7月号(音楽之友社)


★ちなみに
私の明晰夢は思い通りになりません。

Category : バレエ雑記
Posted by ミナモト on  | 0 comments 
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。