三日月クラシック | ルドルフ・ヌレエフの極めて個人的なファンブログ(だった)。作品リスト、伝記原文比較等

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ミナモト on  | 

好きなものを宣伝する。第一回 「初音ミク」

本日は3月9日で「ミクの日」だそうなので、初音ミクの歌う私の好きな曲でも紹介してみます。


私の住む札幌には、ミクを開発した会社「クリプトン・フューチャ・メディア」本社があるため
「初音ミクの故郷」として有名になり、ラッピング市電が走ったり雪祭りで雪像が作られたりと
いろいろと縁があるのですが(今年の雪ミク、可愛かった!)
私がボーカロイドの楽曲に興味を持ったのは、
ニコニコ動画で量産されていた三国志替え歌からです。

【ReadMore】
スポンサーサイト
Category : 音楽
Posted by ミナモト on  | 0 comments 

We Will Rock You/I Want to Break Free

このブログは現在女王様にロックされています。

…この動画だけは許してください、これっきりで今度こそ三日月ロックから三日月クラシックに戻ります。これバレエにも関連あるから! ね!!


冒頭のフレディたちの女装が非常に有名なこの映像ですが、
このブログ的には2分10秒あたりからが見所です。牧神の午後。自由になりすぎ。
初めて見たはずなのに、曲にも映像にも物凄いデジャヴを感じる。きっと昔見せられたんだな……。

ところでこの映像を見ようとしたとき、YouTubeから
「この映像は人によっては不適切な情報を含むかもしれないんだけど、あんた18歳以上か?」
というような警告が出ました。こんなの初めて見ました。
最後まで見てもどこが不適切だったのかよくわからなかったんだけど、一応視聴する場合はご注意ください。
タイツの股間アップが駄目ってことかなあ


気が済んだので今度こそクイーンネタはおしまいです。
私は個人的にもうしばらくROCKされてると思いますが、バレエとヌレエフの話なら全力で食いつくので
メッセージ等はご遠慮なくどうぞ(笑)。
コメントレスは例によって該当記事コメント欄でさせて頂きました。全力で食いつきました。

Category : 音楽
Posted by ミナモト on  | 0 comments 

I was born to love you

eBay巡りに熱中して書くのを忘れていたけど、昨日はフレディ・マーキュリーの命日でしたね。
普段洋楽は聴かない私にとっても、とても馴染み深いアーティストです。
I was...を聴くとなんとなく血が騒ぐ……のは単に日ハムファンだから? いやいや

彼の大ファンである私の母がよく「フレディはヌレエフと仲良しだった」と主張していたのに、
彼女からヌレエフに関する大嘘情報(というか口からでまかせ?)を聞かされ痛い目に遭った私は
それを全然信用していませんでした(笑)。本当だったのね。
伝記を読んでみたいと思ったのに、皆同じことを考えたらしく図書館では悉く貸し出し中でした。
予約して待ちます。

昨日母が話してくれたエピソード。
インタビューアー「日本でお気に召したものはなんですか」
フレディさん「イマーリ、カラーツ、テリヤーキ


ひとつ仲間はずれが。
彼は日本文化に造詣が深く、錦鯉や日本庭園もお好きだったようですが、焼き物とはまた渋いです。
ヌレエフの江戸の古地図っていうのも相当ですが。


youtubeにはQUEENのオフィシャルチャンネルがあり、PVなどを見ることができます。いいなー。
ヌレエフ財団は、画像と動画貼りまくりのライブジャーナルと相互リンクしてたりするので
そういうものを使ったファン活動には割と寛容なんじゃないかって気がするんだけど……
彼らは許可を取ってるのかもしれないし、youtube関連の記事の扱いはやっぱり慎重にしたいと思います。
というか、公式サイトのマペットショーの紹介ページとか見ると
寛容と言うより単にあまり深く考えていないのではないかという気も……。
……それでいいのかヌレエフ財団。ちゃんとやっていけてるのか。なんとなく心配になりました。

★拍手やコメント、いつもありがとうございます
 公開コメントへのお返事は、該当記事のコメント欄でさせていただきました。

Category : 音楽
Posted by ミナモト on  | 0 comments 

夏に聴きたい怖い曲

酷暑を乗り切る「歌詞が怖い曲」といえば?
http://www.barks.jp/news/?id=1000063276

(邦楽・洋楽情報満載の音楽ポータルサイト!! ミュージック エンタテインメント サイト バークス)

およ、私イチ押しのスピッツの『青い車』がランクインしてない。
でもこれ私はずっと、歌詞の冒頭を素直に受け取って
「殺人で無理心中の歌」だとばっかり思ってたんですが
今思うともっと抽象的というか、精神的なものを殺したのかな? という感じもします。

かえって怖いか。自分の中のそれならともかく「君」だからなー。


母と「夏はジゼルを見ると涼しくなるかもね」という話をしていたら
「でも熊川氏やヌレエフのジゼルは2幕でも暑苦しい」と言われました。
どういう意味じゃい。
ていうか1週間ほど前、ひとりで毎晩ヌレエフのジゼルを見まくっていた私に何か文句でもあるのか。

★関係ないけど、『白鳥の湖』初演版のストーリーはどう見ても無理心中。

Category : 音楽
Posted by ミナモト on  | 0 comments 

何もしたくない

mr.childrenの『こんな風にひどく蒸し暑い日』について、
「解釈によっては非常にエロティックな歌詞」だという解説を時折見かけるのだが(wikiとか)
むしろ、一体どう聴けばエロティックじゃなくなるのか教えてほしい。


暑いよー_ノ乙(、ン、)_

Category : 音楽
Posted by ミナモト on  | 0 comments 

死ぬときゃいっしょよ!

「宇宙の星になってた」という、なにかの歌のフレーズがずっと頭から離れず、しかし歌手名も曲名もメロディさえも思い出せず、しかも検索にも全く引っかからないので、手元のスピッツだのレミオだのミスチルだのの歌詞カードを狂ったように漁っていたのですが、さっきようやく発見できました(ありがとう、イベスタ……)。
なんばあきひろ AND 宇宙船地球号の『夢よ、舞いおどれ!』でした……。ついでに言うと正確には「宇宙の星になってる」だったらしい。

ああそうか、これ、ドラマ版アストロ球団のテーマソングだったんだ……。
原作すごく好きだったんだよなあ。懐かしいな。スッキリしました。おやすみ。

Category : 音楽
Posted by ミナモト on  | 0 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。