FC2ブログ

三日月クラシック | ルドルフ・ヌレエフの極めて個人的なファンブログ(だった)。非常に申し訳ないけど大体リンク切れ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ミナモト on  | 

メープルシロップをドバッと

広告出ちゃったので、前エントリの補足というかさらなる疑問というか


ディック・フランシスの自伝「女王陛下の騎手」をさらっと読んでみたところ
背が高く体重も60キロを超えることが多い障害騎手は、英国でも騎手の中ではイレギュラーな存在みたいです。
職業を明かすと「騎手?そんなに大柄なのに?」と驚かれる人が多いとか。
というわけでヌレエフあるいはプティが想定していた騎手像とは違うような気がします。
フランスの騎手事情も調べてみたい。


そういえば、フランシスの名作『大穴』『利腕』などの主人公で、たかだか身長167cmなのに騎手時代最終的に体重を64kgまで増やしてしまった探偵のシッド・ハレー君。(前エントリで例に挙げた人です)
絶対真面目に減量してなかっただろと思ってたのに、シリーズ4作目『再起』で「騎手時代体重を気にしていた習慣で昼食は摂らない」とか言ってて頭痛くなりました。それでどうやって64キロまで増えるんだよ!
私の男性観は「ウェスト60cm以上の女とかデブだろwwwwwwwww」とか言ってる一部の男性陣と同レベルなんでしょうか。わけわからん。
なんだろう…めっちゃ骨密度高いとか筋肉ついてるとかかな……(自称ほっそり体型なんだけど)。
それともティータイムにめっちゃ菓子食ってるとかか。謎すぎるぞシッド。


※ちなみに、一部フランシスファンの間では「ハレーはホットケーキが大好き」というネタが流行している模様。私はそういう記述を見た覚えがないのでなんでだかわからない。今度文庫で読みなおしてみます。

スポンサーサイト
Category : バレエ雑記
Posted by ミナモト on  | 0 comments 

ヌレエフの目指した競馬騎手の体型 再考

少し前Twitterで「理想の女子のスタイルは152cm37kg」などという愚かな男子高校生の発言が話題になったところで、若干タイムリーな話題です。でもないか。


『ヌレエフとの密なる時』(ローラン・プティ著、新倉真由美訳 新風舎)に、ヌレエフが「常に体重に対して強迫観念を持っており、競馬騎手の体型を理想としていた」という記述があります。それについてかつて私は「男のバレエダンサーがんなもんを目指したら、病気の前に栄養失調で死ねる」と些か乱暴な言葉で突っ込みを入れました。そのときの記事はこれあっあんまり読みたくない…
(↓その件については、Telperionさんに原文を検討して記事にして頂けたようなのでぜひご覧ください^▽^)
◆伝記『ヌレエフ』の翻訳の検討 ダンサーが競馬騎手の体に憧れるとは


この時私が「競馬騎手の体型」として思い浮かべたのは、私にとって身近な日本の騎手のものです。
財団公式サイトによると、ヌレエフの身長は5フィート8インチ(約172.7cm)。身長だけ見れば、これに近いのは武豊騎手の170.0cm。騎手として長身の部類に入る彼の体重は51.0kgです(JRA公式サイトより)。
あまり健康的といえない数値かもしれませんが、レースには斤量の細かい規定があるため、体重をこの程度に保たないとプロとしてやっていけないのです。
幸い彼は元気に馬に乗ってトップジョッキーをやっていますが、Telperionさんが書かれている通り、騎手が必要とする筋肉とダンサーが必要とする筋肉は質も量も明らかに違います。ヌレエフがこのスペックを目指すのは明らかに無理そうです。やっぱり死ねると思います。目指すのもシルエットを追うのも全力で止めたいです。
しかしこれは、あくまで現代日本の騎手の体型でした。当然ですが、ヌレエフの時代の、ヌレエフの知る騎手とは違ったわけです。


先日ディック・フランシス著の競馬ミステリ『大穴』を読みました。1965年に書かれたイギリスの小説です。
この小説の主人公は落馬事故のため引退した元騎手という設定で、物語の途中で明かされる彼の体型は5フィート6インチ、133ポンドです。単位を換算すると167.4cm、60.3kg。かなり重い! しかも現役時代はさらに10ポンド重かったとのこと。減量がきつくなったので体重が重くてもよい障害レース(※)に転向したとも言ってるけど、真面目に減量してたのかなあ(笑)。まあいいです。

私の感覚では「体重64.8キロの騎手なんているわけない!」と思ってしまうのですが、自身も名騎手であったディック・フランシスが書いている以上、当時のイギリスでは現実的だったのでしょう。
(追記・現在もあまり変わってないようです。ハンデ70kg以上の障害レースとかあるので)
やはり男性ダンサーとしては細いと思うけど、51kgほど危ない数字ではないので、ヌレエフはこのくらいのシルエットを想定していたのかな?と思いました。おわり。

【追記】 フランシスの騎手時代を描いた自伝「女王陛下の騎手」には、障害騎手は過酷な体重制限がないので普通人と似たような体格をしていて、騎手だと告白すると「背が高い!」「痩せていない!」ととても驚かれるというようなことが書いてありました。
やはり障害騎手は英国騎手のスタンダードではない? フランスの事情なども調べたくなってきました。


★余談1
ヌレエフは80年代になってから脚のラインがすらりと細くなりましたが、私個人としては70年代前半の太めでごつごつした脚が好きです。ヌレエフはあまり脚が長いとは言えないし上半身が逞しいので、あのくらいのボリューム感があった方が全体のバランスがいいと思うんです。あの固そうなふくらはぎが好きなんです。腕の筋肉はやわらかそうなのもまたいいです(うるさい)

★余談2
2013年の凱旋門賞で、日本馬オルフェーヴルは惜しくも2着に敗れました。ファンの間では敗因の一つに、彼の背負った59.5kgという斤量があるのではないかと考えられています。優勝したトレヴは、3歳の若い牝馬なので54.5kgという軽い斤量で走ることができました。日本の大レースでも馬の性別・年齢によって斤量を変えますが、普通ここまでの差はつきません。フランスにはフランスの基準があるので仕方がないのですが……。うーんこんなところで愚痴ってどうする。
日本ではかつて名馬テンポイントが、凱旋門賞挑戦を目前に雪の中で66.5kgの斤量を背に走り骨折、のちに死亡するという事故がありました。どうもこれが日本人の斤量に対するトラウマになったみたいです。
1940~50年代のアラブの名馬タマツバキは、現在では考えられない80kg以上の斤量を背負い何度も勝利しました。一般的にアラブはサラブレッドよりスピードに劣るが力は強いと言われています。しかしこれは破格! 以上明日使えない競馬トリビアでした。



(※)障害競争では平地競争より重い斤量を馬に背負わせます。以前からどうしてなのかと不思議に思っていたのですが、どうやらスピードが出すぎると危ない、騎手が平地より多くの装備を必要とするなどの理由があるそうです。JRAのサイトを見た限り、日本の障害騎手にはあまり極端に重い人はいないようですが。(中山大障害の斤量は63kgが上限です)

Category : バレエ雑記
Posted by ミナモト on  | 0 comments 

ヌレエフとシャーロック・ホームズのあれこれ

お久しぶりです。元気でした。おたまじゃくしがカエルになるのを眺めて陰気な幸福に浸ってました……。
もっと陽気な幸福を求めたい でもいまいち私向きではないんだ


とりあえず、ここ最近発見した陽気な小ネタなど。

先日BSプレミアムでシーズン3が放送されたBBCドラマ「SHERLOCK」。(私は7月4日待ちです)
シャーロックとジョンの住む(…もう過去形ですか?)現代のベーカー街221Bの居間にはお洒落で特徴的な壁紙が一面に貼られていますが、
なんとあれ、以前もご紹介したZoffany社のNureyev Collectionのものでした。

ZOFFANY NUREYEV COLLECTION
sherlock 221b wallpaper(google検索)

ただ、ヌレエフ・コレクションの中でヌレエフの名がついているものは一種だけで
残念ながら(?)221Bの壁紙はNUREYEVではなくNAVARREという名前です。スペインの地名?

ヌレエフとホームズほどのビッグネームなら、これ位の掠り方をすることは珍しくもないのかもしれませんが
いま大好きなものふたつの間に、なんだか不思議な縁を感じました。どこまで逃げても無駄なのか
(そういえば、Zoffanyは財団等になにか一声かけているのだろうか……?)

ちなみにこれに気付いたのは、別件で競走馬のヌレイエフについて調べようとした際
googleの情報欄がこんなことになってたからです。

gnurey.png

……人の顔写真間違えをよくやるとは知ってましたが、これもこれでどうかと。かべのなかにいるのか?


ついでに見つけたこんな記事。
'Sherlock has changed my whole career': Andrew Scott interview

SHERLOCKでモリアーティを演じたアンドリュー・スコットさんが、別のドラマでの役作りと自らのセクシュアリティについて語っています。そして……。
(こちらのブログ 水川青話さんが、該当箇所の日本語訳をされています)

ヌレエフはホームズを読んで英語の勉強をしましたが(後述)、今度はその作中人物を演じた俳優が、ヌレエフを参考にロシア人の喋り方を研究しているわけです。
そこに至った経緯を考えると、単純に面白がれもしませんが。

そういえば、モリアーティが泥棒かささぎの曲をバックにロンドン塔で踊るシーンはとても素敵だったなあ。
スコットさんのヌレエフ仕込みのロシアなまり、いつか聞いてみたいです。
(「Legacy」は冷戦時代のソ連のスパイを描いたドラマだそう。公式トレーラーがあったけど、うーん短すぎてわからない)


前もちょっと書いた「ヌレエフがホームズを読んで英語の勉強をした」話。
読んだ記憶はあるのにどこを探しても見当たらなくて焦ってましたが、これも今回の探索で見つけました。
このエントリでも紹介した、雑誌・Peopleの特集記事です。
……日本語の資料で読んだと思っていたのは大勘違いだったようです。
オスカー・ワイルドの名前が並んでいるのが、そこはかとなく切ない。かも。


シーズン3を待ってる間、関心が正典に傾いたのでシャーロキアンごっこをしたりしてじわじわ遊んでます。
著作権・翻訳権が切れているので、ネットで原文や訳を読むことができるんですね。特にこのサイトがとても便利。英文だけならこっちのCamden House。出版されてる訳の読み比べなどもしてみたい……
というわけでホームズのおかげで、1年に1度来るか来ないかの英語読みたい期が絶賛到来中。
かつてヌレエフもおんなじ英文を読んで勉強したのだと思うとより嬉しい。
今のうちに、ずっと放置してたDancerや伝記とも仲良くなろうと思います。では!


↓お待たせしすぎて申し訳ない拍手お返事など。す、すみません…

【ReadMore】
Category : バレエ雑記
Posted by ミナモト on  | 0 comments 

When Stravinsky Met Nijinsky

ニジンスキーとディアギレフとストラヴィンスキーが写ってる写真が見たくて検索してたら、こんなの見つけました。
前半は関係ない画像が多いんですが、とりあえずぐぐっとスクロールしてみてください。

Seven Questions Over Breakfast with Lauren Stringer


………………

ぐうかわ


Lauren Stringerという作家による絵本だそうです。さっそくamazonでポチったよ。対象年齢4歳から8歳だって! 私の英語学習にぴったりだね!
ヌレエフでもこういう絵本ないかなあ……ヌレエフの犬もよかったけど、あれじんわり切ない系だし挿絵にヌレエフがいた記憶がないし(いたっけ?)もっとこういうストレートにかわいい系のものも私は欲する。

そういえば子供のころ、図書館にある偉人の伝記漫画のシリーズが好きだったんですが(活字が苦手だった)
あれでヌレエフってどうですかね? アンナ・パヴロワやマイケル・ジャクソンのはもうあるんだよね? ニジンスキーよりは健全なお子様向けと思うがどうか。あれとかあれとかは適当にぼかして。でもそういう毒気を抜いたらほんとうに絵に描いたようなサクセスストーリーすぎて逆に胡散臭いかもしれない。


ちなみに元々私の見たかった写真はどうやらこれのようです。が
stni.jpg

晶さんの本で見たときはもっと胡散臭い雰囲気だったと思うんだけど、これだとそれほどでもないな。でもなんかこう……「パリの裏町で闇に紛れて敵を討つ仕事人三人衆、道化のワッツァ・詐欺師のセリョージャ・不協和音のイーゴリ」って感じがしませんか。どうだろう。


◆関連リンクなど
Lauren Stringer author & illustrator
著者の公式サイト。うーんかわいい
げんき印 WHEN STRAVINSKY MET NIJINSKY
個人ブログさんのレビュー。バレエリュス的な過激な表現はないらしい(笑)
私は、春の祭典の舞台袖で椅子に登ってバンバン手を叩きながら今にも舞台に出て行きかねない勢いでカウントを取るニジンスキーを、ストラヴィンスキーがハラハラしながら抑えてたってエピソードが好きです。(うろ覚えです)


★origamiが普通に英単語化していることに驚いた。ジャパニーズトラディショナルなんちゃらとかそういうのなしに当然のように。私もそういうの折ったよローレンさん!!

Category : バレエ雑記
Tag : バレエ
Posted by ミナモト on  | 0 comments 

危機感を抱きながらダンサーメモ

今年の秋冬は恒例どおり三国志に親しみ、今まで見た小説やドラマの復習をしながら
陳先生の小説十八史略を読んで中国史全般への理解を深め、
さらにDancerを和訳して脳内でフィクションヌレエフと遊んで愉快に過ごそうと思っていたのですが
色々あって突発的に水木しげる御大に心を奪われてしまいました。
……で、ずっと漫画と自伝と伝記読んでる……。夏はエロイカだったぞ。全く反省してないぞ。

今すごく気になってるのは、敵の攻撃からただひとり生還した水木サンにつめたい言葉をかけた小隊長と
腕に重傷を負った水木サンに輸血を申し出た小隊長は同一人物か否かってことです。
最初は戦記漫画全然興味なかった(というか怖かった)のに
次々あれもこれも手を出したくなってこまったものです。
あと妖怪師弟つながりで京極夏彦も読み返したくなってきたり。鉄鼠と魍魎がスキ。
遠野リミックスは、みやざわグレイテストヒッツくらいとんでもないことになってるのを期待してたのに
チラッと見た限りではかなりまじめに遠野現代語版って感じなのかなあ。


そんなわけでたまにはヌレエフに注意を戻してみる。
小倉重夫氏訳のヌレエフの、「私は……なのだがね」みたいな、ちょっと気取った名探偵風(?)の口調や
冗談めかしたときに語尾にカタカナで「ネ」ってつけたりする喋り方がすごく好きなのですが
マッキャンヌレエフはどうもそういう口調で喋ってくれなさそうです。スラングのニュアンスがわからん。
現実のプティも「悪い言葉ばっかり覚える」ってこぼしてるし、
ほんとは普段はあんまり上品な喋り方じゃないんだろなあ。(笑)
芸術と半生では主に仕事の話をしてるからああなのかな。

芸術と半生での小倉氏の訳文は、とても味わい深くてよいです。
「鬱々として楽しまなかった」とか、今の感覚だとほとんど漢文用語ですね。
でも、Side Showを「つけたりの見世物」とするのはともかく
Field Figureを「田園の幻影」と訳すのはさすがに無理ががが
しばらく何のことだかわからなかった。
(I am a Dancerの収録作品という情報がなければ、一生わからなかったもしれない)

★私はヌレエフに何を期待しているんでしょうかネ。

あと、マッキャンヌレエフがやたらサーシャサーシャ連呼してるので
(はじめ何がなんだかわからなかったので、とりあえず台詞と人名が出てくるところだけ探して読んだ)
サーシャサーシャってどのサーシャだよとか思いながら前後を確認したらプーシキン先生のことでした。
アレクサンドル。なるほど。英語伝記にも確かにサーシャという呼びかけが見られた気がする。
先生を愛称呼びするのはソ連では普通のことなのか、
特別ヌレエフが馴れ馴れしくて特別ふたりが親しいのかどっちなんだろう。
親しいのは間違いないんだけど。

Category : バレエ雑記
Posted by ミナモト on  | 2 comments 

この偉大な世界は永遠に回転するか

Colum McCann作、Let The Great World Spinの邦訳「世界を回せ」を読みました。
上巻がすごく面白くて、下巻が届くまで一日千秋の思いで何も手につかなくてとても困った。
クレアの章がお気に入りだったので、下巻の展開には胸が熱くなりましたぜ。
この人の書く女性はみんな地に足をつけて生きてる感じがするのに、
男性陣は大体ふわふわしてる気がするな。ヌレエフもふわふわ系かな。(笑)

(写真を撮ったのがタグの人だっていうのはわかったんだけど、
イーサウェストが他の章とどう関連があるのか解らない。
未来のコンピューター社会とテロと戦争を暗示してるだけで、直接他の章とは繋がらないのかな)


文体とか形式とか、ゾリよりもこっちの方がDancerに近いみたいです。原文見てないからわからんけど。
ちゃんと訳したらこうなるのかなって感じで、かなり参考になりました。
ていうか、そういうの関係なくマッキャン作品面白いです。
ゾリも世界を回せも、ストーリーも人物もみんな好きになれたので、
Dancerのことも、ヌレエフを描いた小説ってだけでなく大好きになれると思います。
(まーだ読んでねーのかよというツッコミをお待ちしてます)
他の作品も邦訳されないかなあ。最近新作が出たそうなのでそれも気になる。
ちなみにマッキャンは、ヌレエフ本人は実は結構どうでもよくて
彼の周囲の市井の人々により関心があるそうです。ふはは。
その割にはヌレエフの一人語りパートが多い気がするけど。

公式サイトのインタビューによりますと、
幼いころ荒れた家庭で育ったマッキャンの友人が、
家にはじめてやってきたテレビに、はじめてうつったヌレエフに恋してしまい
そして30年たった今もなお、やっぱりヌレエフの虜のままであるというエピソードが
小説のインスピレーションの素となっているとのこと。

ヌレエフが活躍を始めた時代は、家庭にテレビが普及してきた時代とだいたい重なっています。
テレビ出演やバレエの映像化により、劇場に足を運ぶ機会のない人にもバレエに触れるきっかけが生まれ、
新たなファン層の開拓に繋がりました。
もうじきアデューしてしまうオペラ座のエトワール、アニエス・ルテステュも
ダンサーを志したきっかけは、子供のころテレビでヌレエフとフォンテインの白鳥を見たことなのです。

世界は広がる。世界は回る。
私もそうして生まれた小さなファンの一人であり、
だからきっとDancerは、私のための小説なんです。
(すごい思い込みだ)


「世界を回せ」、帯に映画化の話が書いてあったので調べてみたら
……なんか2009年の記事が出てきた。監督がやたら忙しそうな上続報らしきものもないんだけど、
実現は一体いつになるのだろうか。
 

【ReadMore】
Category : バレエ雑記
Posted by ミナモト on  | 0 comments 
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。