三日月クラシック | ルドルフ・ヌレエフの極めて個人的なファンブログ(だった)。非常に申し訳ないけど大体リンク切れ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ミナモト on  | 

『光と影』原文比較2

『ヌレエフ―20世紀バレエの真髄 光と影』(ベルトラン・メヤ=スタブレ著・新倉真由美訳/文園社)と、原著である『Noureev』(Bertrand Meyer-Stabley著/Payot社)との比較。

元はTelperionさんによりコメント欄にまとめていただいたものであり
順序とレイアウトの変更を行ったほかは、ブログ管理者は内容に手を加えていません。

青字は邦訳の引用、カッコ内はTelperionさんによる翻訳
長いので分割してあります。原文比較その1はこちら

【元記事】
『ヌレエフ―20世紀バレエの真髄 光と影』怪しい部分まとめ
『光と影』疑問点メモ

関連記事をすべて表示

P.47 ついに校長はルドルフのポケットから無理矢理アドレス帳を引っ張り出した。校長は彼がレニングラードにいたときに泊まっていたウダリツォーヴァの娘の名前を聞き出そうとしているのだと思った。彼女の電話番号は書いていなかった。が、突然激怒の火がつき、チュルコフは飛びかかって彼の手から手帳を取り上げた。
Le directeur insiste et oblige finalement Noureev à tirer son carnet d'adresses de sa poche. L'apprenti danseur croit s'en sortir en lui donnant le nom de la fille d'Oudeltsova chez qui il est descendu à Leningrad. Il prend cependant soin de ne pas donner son numéro de téléphone, prétendant qu'elle n'en a pas. Soudain, dans une flambée de rage, Chelkov bondit et lui arrache le carnet des mains.
(校長は執拗に命令し、ついにヌレエフにアドレス帳をポケットから出させた。見習いダンサーはレニングラードで家に泊まったウデルツォーワの娘の名を教えれば窮地から脱け出すだろうと信じた。それでも彼女は電話番号を持たないと主張し、彼女の電話番号を教えないように気を付けた。不意に憤怒に燃えたシェルコフは飛びかかって彼の手から手帳を奪い取った。)

ヌレエフは手帳を出したものの、最初はまだ自分の手に持っている。そうでないと、最後の「シェルコフ(校長の名)が奪い取った」が成立しない。2・3番目の文は、"s'en sortir"が「困難から脱出する」であること、elleが指す女性名詞として適切なのはウデルツォーワの娘しかないことさえ押さえれば、難しくない文だと思う。
なお、フランス語ではchは英語のshと同じ発音。現に、原本ではショスタコーヴィチをChostakovitch、バリシニコフをBarichnikovと表記している。

P.59 八月キーロフのバレエ団は分散してしまったのだ。若きプリマバレリーナは過酷に働きすぎて意欲を失ってしまった。彼女はひたすら筋肉を伸ばして休め、泥風呂につかり海岸に横たわり休養したいと願っていた。ルドルフはひとりでクリミアに旅立とうとしていたが、轟く雷のような電報を受け取るやいなや荷物をほどいた。
Au mois d'août, la troupe du Kirov se disperse. La jeune étoile a travaillé si dur qu'elle n'a plus qu'une envie : se détendre les muscles, prendre des bains de boue, s'allonger sur la plage et ne rien faire. Rudolf part seul pour la Crimée, mais il a à peine défait ses valises qu'un télégramme arrive comme un coup de tonnerre dans le ciel bleu.
(8月、キーロフの一座は散り散りになった。若きスターはあまりに過酷に働いたため、望みはもはや一つだけだった。筋肉をほぐし、泥風呂に入り、浜辺に寝そべり、何もしないことだ。ルドルフは単身クリミアに旅立ったが、荷物をほどくとすぐ、青天の霹靂のような電報が届いた。)

この文の前にキーロフの若い女性ダンサーは全く話題になっていない(ドジンスカヤは若くない)。泥風呂も海岸リゾートもあるクリミアにヌレエフが旅立つことから考えても、原文の"La jeune étoile"はヌレエフを指すとしか考えられない。「彼女」という意味で使われることが多い代名詞elleがあるのは確かだが、ここでは女性名詞étoileを受けているに過ぎず、実際の性別とは関係がない。
原文で「荷物をほどく」の時制は直説法複合過去、「電報が届く」は直説法現在なので、前者の方が早く起こっている。ヌレエフがクリミアに出かけたことからもうかがえるとおり、バレエ団が分散したというのは単なるシーズンオフだろう。

 

【ReadMore】
スポンサーサイト
Category : ヌレエフ情報
Posted by ミナモト on  | 0 comments 

『光と影』原文比較1

『ヌレエフ―20世紀バレエの真髄 光と影』(ベルトラン・メヤ=スタブレ著・新倉真由美訳/文園社)と、原著である『Noureev』(Bertrand Meyer-Stabley著/Payot社)との比較。

元はTelperionさんによりコメント欄にまとめていただいたものであり
順序とレイアウトの変更等を行ったほかは、ブログ管理者は内容には手を加えていません。

青字は邦訳の引用、カッコ内はTelperionさんによる翻訳
長いので分割してあります。原文比較その2はこちら

【元記事】
『ヌレエフ―20世紀バレエの真髄 光と影』怪しい部分まとめ
『光と影』疑問点メモ

関連記事をすべて表示

≪「怪しい部分まとめ」補足部分≫

P.126 インド人の父親とアイルランド人の母親
d'un père indien et d'une mère irlando-écossaise
(インディアンの父親とスコットランド系アイルランド人の母親)

indienはインド人とアメリカインディアンの両方の意味があります。

P.135 魔法の詩
Le Poème magique

原文の段階で間違ってました。

P.210 ギレーヌ・テスマーはロシアのプリマの中でも叙情的なバレリーナだった。
tandis que Ghislaine Thesmar sera lyrique sur l'étoile russe :
(一方、ギレーヌ・テスマーはロシアのスターについては抒情的になる。)

l'étoile russeはヌレエフのことですね。

P.212 さまよえるオランダ人の歌
Chant d'un compagnon errant

compagnonにつくのが定冠詞(英語でのthe)だと2番目の単語がduになり、不定冠詞(英語でのa)だとd'unになります。日本語訳では関係ないので、どちらが正式なのかは追及しませんでした。

 

【ReadMore】
Category : ヌレエフ情報
Posted by ミナモト on  | 1 comments 
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。