三日月クラシック | ルドルフ・ヌレエフの極めて個人的なファンブログ(だった)。非常に申し訳ないけど大体リンク切れ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ミナモト on  | 

『光と影』原文比較 追加

『ヌレエフ―20世紀バレエの真髄 光と影』(ベルトラン・メヤ=スタブレ著・新倉真由美訳/文園社)と、
原著である『Noureev』(Bertrand Meyer-Stabley著/Payot社)との比較・解説です。
本文はTelperionさんによるもので、ブログ管理者は手を加えていません。

青字部分が原文で、カッコ内がTelperionさんによる翻訳となっています
転載元のコメント欄はこちら


P.14 ルディクは長女ローザ、次女ラジダと幼稚園に通うようになり、スポーツスクールにも行った。三七年に耳の病を発病した三女リリアは、聴力回復のため聾唖学校に通っていた。
Rudik va bientôt au jardin d'enfants avec sa sœur Razida, âgée de cinq ans. Rosa, l'aînée, fréquente une école de sports, tandis que Lilia, tombée malade en 1937, suit des cours pour sourds et muets, bien qu'elle entende encore un peu.
(ルディクは間もなく5歳の姉ラジダとともに幼稚園に通うようになった。最年長のローザはスポーツ学校によく通った一方、リリアは1937年に発病し、まだ少し聴力があるにもかかわらず、ろうあ者向けの授業を受けていた。)

訳本ではカットされたが、原本によるとルドルフが生まれたときローザは10歳、リリアは5歳、ラジダは3歳。つまりラジダは三女でリリアは次女。ローザは弟とともに幼稚園に通うには年上すぎ、原文でも幼稚園でなくスポーツスクールに行った。encoreには「再び」という意味もあるが、ここでは"bien que"(にもかかわらず)とともにあるので、「まだ」のほうが意味が通る。

P.23-24 私設の天文台によじ登っているかのどちらかでした」彼は小高い丘に登って何時間でもウーファの人びとの様子やゆっくり出発し徐々にスピードを上げていく汽車を飽くことなく眺めていた。日曜日になるとガウンを羽織った人が元気よく街を闊歩していた。彼らは毎週蒸し風呂に入りに来る。パジャマ姿の人や入浴後に体を叩くため小さな白樺の葉を持っている人もいた。
soit à grimper jusqu'à mon observatoire privé. » C'est une petite éminence du haute de laquelle il observe pendant des heures les gens d'Oufa. Le samedi, de petits groupes d'hommes trottent d'un pas vif, en peignoir, parfois même en pyjama. Ils viennent prendre leur bain de vapeur hebdomadaire. Certains portent un petit balai de feuilles de bouleau pour se fouetter après le bain. Mais une autre raison lui fait choisir cet observatoire : de là il domine la gare d'Oufa. Il y reste assis des heures, à regarder les trains démarrer lentement et prendre de la vitesse.
(私だけの展望台に登るかのどちらかだった」これは小さな丘で、彼はこの高さからウーファの人々を何時間も観察した。土曜日には少人数のグループがガウンやときにはパジャマすらを着てきびきびと歩く。週一回の蒸し風呂に入りに来るのだ。風呂上りに体を叩くために白樺の葉の小さなほうきを持つ者もいる。しかし彼がこの展望台を選んだ理由はもう一つあった。そこからはウーファの駅を見下ろせたのだ。彼はそこに何時間も座ったまま、列車がゆっくり発車し、加速していくのを見つめた。)

observatoireは丘の比喩で、幼いルドルフはここから地上を眺めていた。「天文台」はobservatoireの主要な意味ではあるが、この場合は比喩としてもふさわしくない。また、遠くに憧れるルドルフにとって、ウーファを離れる列車は特別なものだった。
P.55 簡単にこなせてしまうために
parce qu'il peine à réussir un pas,
(パに成功するのに苦労したために)

ワガノワでキャリアの遅れを取り戻すべく猛練習を重ねたヌレエフ。動詞peiner(苦労する)を「簡単にこなせる」とは解釈するのは無理だろう。

P.73-74 彼は舞台に登場したデンマークのスターダンサー、エリック・ブルーンを食い入るように見つめた。しかし彼は東ドイツ巡業に出発し、
il veut désespérément voir se produire la star danoise Erik Bruhn. Mais il est envoyé en tournée en Allemagne de l'Est.
(彼はデンマーク人のスター、エリック・ブルーンが出演するのを死ぬほど見たかった。しかし彼は東ドイツのツアーに送られた。)

1960年9月にアメリカン・バレエ・シアターのモスクワ公演が行われたときのこと。ヌレエフがこのときブルーンの踊りを直接見ることは、当局の妨害でかなわなかった。

P.77 ヨーロッパ行きに際しルドルフに与えられた許可は、驚くべきことに既婚ダンサー用のものだった。
L'autorisation accordée à Rudolf est d'autant plus surprenante que seuls les danseurs mariés sont autorisés à partir en tournée en Occident. (西側のツアーに出発することを許可されるのは既婚のダンサーだけなので、ルドルフに下りた許可はなおさら驚くべきものである。)

"d'autant plus A(形容詞) que B(節)"は「BであるだけますますAである」という意味。反抗的であるほか、独身であることも、ヌレエフが西側行きを許可されるには不利な材料だったということ。

 

【ReadMore】
スポンサーサイト
Category : ヌレエフ情報
Posted by ミナモト on  | 2 comments 
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。