三日月クラシック | ルドルフ・ヌレエフの極めて個人的なファンブログ(だった)。作品リスト、伝記原文比較等

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ミナモト on  | 

できました

原文比較まとめできましたー
明日また色々いじろうと思います 検索で来た方にもわかりやすくしようとブログ内リンク張りまくってたら、
自分のブログの中で迷子になりました(何度目?)
関連記事を一気に読めるタグも作ったよ!

「怪しい部分まとめ」「光と影についての疑問」記事の補足的内容のものが1で
その他が2という構成になっています
しかし、分割しても長い……。ブログトップのスクロールバーがとんでもないことに。
また、仏語文が多いためこれらの記事だけフォントを Verdana に変えています。バグではありません。

ちょっと大事なお知らせ。コメント欄に原文情報をざくざく頂いた2011年4月29日付の記事(記事番号602)「『光と影』についての疑問・突っ込みたいこともう少し」を、「『光と影』疑問点メモ」に改題しました。いくらなんでも記事タイトルが長過ぎたので。


★拍手などいつもありがとうございます! 一記事に7拍手とか新記録?出ちゃいました
 でも書籍情報の持ち球はもうほとんど尽きちゃった(´・ω・`)

Posted by ミナモト on  | 2 comments 

-2 Comments

Telperion says...""
原文比較を投稿した後、しばらくぼーっとしていて反応が遅くなりましたが、記事として独立させていただき、ありがとうございました。フォントやスタイルが変わると見やすいこと。感動しました。

「原文比較2」に載った部分は、前後とつながっていないとか、もっともらしくないとかで、原本を買う前から頭を悩ませていたところがほとんどです。「亡命後はソ連でタブー状態だったはずのヌレエフがボリショイに関与?」「反抗的なダンサーがつぶされるなら監督にとって好都合なはずで、歴代監督の失敗とつながらない」「歌手や指揮者と共演って前後との関係が分からない」などなど。最初の例など、一般常識的に破たんした個所は一番目立ちますね。それと固有名詞リサーチ、Solway本の知識をもってしても、原文が目に入るまでまったく気づかなかったのは、あのなかではピオレの談話と「海岸で相手を物色」だけです。わずかな数とはいえ、あといくつあることかと思うと暗い気分になります。これこそ「どこに間違いがあるのかわからない状況」で、まさか原文すべてには当たれませんし。

ところで恐れ入りますが、お言葉に甘えてさっそく修正願いを出してしまいます。「原文比較1」の『光と影』P.294のスポットライト云々部分。説明の最初の文は次のように括弧部分を追記してもらえますか。フランス語をまったく知らないと、「この原文にdeなんてないのに」と戸惑いそうなので。

前置詞deは「~の陰で」という意味にはならないと思います(文中のdesは"de les"の縮約形で、この場合は英語の"of the"に相当)。
2011.08.04 | URL | #lAnR/NdU [edit]
ミナモト says..."Re: タイトルなし"
ありがとうございます。お知らせが遅くなりましたが、早速修正させていただきました。
また何かありましたらご遠慮なくお知らせください。

私もまた不自然な場所を見つけたら「疑問点メモ」記事あたりに追記しようと思います。
手がかりになるかはわかりませんが……。

いま、Solway本を少しずつ読んでいます。ほんとに、Kavanagh本よりさくさく読めますね。細かいところを知るにはKavanagh本の方がいいのかもしれませんが、私にはこちらの方が合ってるのかも。お勧め頂きありがとうございました!
2011.08.13 | URL | #GO4Dvn22 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。