FC2ブログ

三日月クラシック | ルドルフ・ヌレエフの極めて個人的なファンブログ(だった)。非常に申し訳ないけど大体リンク切れ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ミナモト on  | 

26分半の奇妙な夢

知らない間にYouTubeに嵐が吹き荒れていた件。



なんだこれは

明晰夢をこじらせて金縛りに遭遇した苦い記憶を思い起こさせる混沌ぶりです。
仮面つけて皆で騒いでるから、ヴェネツィアのカルナヴァル……なのかなあ。
混乱した奇怪な世界の中でカルラ・フラッチの美しさに安らぎを覚えます
サラリーマンの格好が普通にコスプレに見えるヌレエフが好きです。

実はこれ前写真で見たことあるんですよね。
最近ミーシャが老眼鏡?でメガネっ子になってるのが羨ましくて(この時点でなんだかおかしい)
ヌレエフは眼鏡かけたことないのかなあ見たいなあと思いどうやら探し当てるも
誰が伊藤整メガネを見たいと言ったよと掌を返して憤慨し、記憶の片隅に封印していたのですが
……よかったです! 本人のセンスじゃなくて! 信じてたけど!
三日月クラシックはルドルフ・ヌレエフの声とファッションと笑いじわを愛し続けます。
だ、ダンスは当たり前だから……


それにしてもイタリアは一体何を考えていたのか
リン・シーモアの回想によると、ヌレエフはジャーナリストに「どこの国があなたのホームか」と聞かれた際
「ロシアは母親」とし、イギリスとフランスとイタリアをそれぞれ、恋人・友人・愛人に例えたそうです。
シーモアはどの国が何に当たるのかまでは記憶していないみたいですが
まあなんかわかるようなわからないような
出典:Ballet 1998年7月号(音楽之友社)


★ちなみに
私の明晰夢は思い通りになりません。

Category : バレエ雑記
Posted by ミナモト on  | 0 comments 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。