FC2ブログ

三日月クラシック | ルドルフ・ヌレエフの極めて個人的なファンブログ(だった)。非常に申し訳ないけど大体リンク切れ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ミナモト on  | 

メープルシロップをドバッと

広告出ちゃったので、前エントリの補足というかさらなる疑問というか


ディック・フランシスの自伝「女王陛下の騎手」をさらっと読んでみたところ
背が高く体重も60キロを超えることが多い障害騎手は、英国でも騎手の中ではイレギュラーな存在みたいです。
職業を明かすと「騎手?そんなに大柄なのに?」と驚かれる人が多いとか。
というわけでヌレエフあるいはプティが想定していた騎手像とは違うような気がします。
フランスの騎手事情も調べてみたい。


そういえば、フランシスの名作『大穴』『利腕』などの主人公で、たかだか身長167cmなのに騎手時代最終的に体重を64kgまで増やしてしまった探偵のシッド・ハレー君。(前エントリで例に挙げた人です)
絶対真面目に減量してなかっただろと思ってたのに、シリーズ4作目『再起』で「騎手時代体重を気にしていた習慣で昼食は摂らない」とか言ってて頭痛くなりました。それでどうやって64キロまで増えるんだよ!
私の男性観は「ウェスト60cm以上の女とかデブだろwwwwwwwww」とか言ってる一部の男性陣と同レベルなんでしょうか。わけわからん。
なんだろう…めっちゃ骨密度高いとか筋肉ついてるとかかな……(自称ほっそり体型なんだけど)。
それともティータイムにめっちゃ菓子食ってるとかか。謎すぎるぞシッド。


※ちなみに、一部フランシスファンの間では「ハレーはホットケーキが大好き」というネタが流行している模様。私はそういう記述を見た覚えがないのでなんでだかわからない。今度文庫で読みなおしてみます。

Category : バレエ雑記
Posted by ミナモト on  | 0 comments 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。